ホーム / ユティリティ

ユティリティ(地図関連)

  1. データユティリティ
  2. RemoteTRK
  3. パノラマ画像印刷 ( PanoPrin )
  4. パノラマビュー ( PanoView )
  5. 地名データ変換
  6. 地名データ変換V3
  7. 土地利用データ変換
  8. Gtopo30Converter
  9. LSMixer
  10. 基盤地図標高変換(DemConv)
  11. DEM5m集成 (D5Conv) 
  12. 基準点データ変換(TriConv)
  13. 日月地蔵 (SunMoon
  14. XYZ標高変換
    <以下は実験室バージョン>
  15. 行政界ビューア
  16. 土地利用ビューア
  17. ArcConv

データユティリティ

 数値地図ビューア、地図画像ビューア、地図画像Mac DE ミール、SimpleDEMViewer、基盤地図ビューア、基盤地図25000ビューアで使用するユーザメモ/経路/領域データに関するユティリティです。

  1. テキストデータとの間で相互変換する。
  2. 旧バージョンから新バージョンへ変換する。
  3. GPSデータをユーザ経路データへ変換する。

 Ver. 3.0.5 での修正事項 ( 2012/07/17 )

  1. 基盤地図ビューア、基盤地図25000ビューア、SimpleDEMViewer V4 で作成し保存したユーザデータファイルを認識できないのを対策した。

 Ver. 3.0.2 での修正事項

  1. 一つのファイルに含まれるデータ量が多いとき異常に時間が掛かるのを対策した。

 Ver. 3.0.1 での修正事項

  1. テキストファイルからユーザデータに変換するとき、アドレス形式が D.M.S の場合、正しく処理できなかったのを修正した。
  2. ドキュメントで D_M_S と表記していたのを D.M.S に修正した。

データユティリティ2はVer.2形式のデータを扱い、Ver.1からの変換をサポートします。
データユティリティ3はVer.3形式のデータを扱い、Ver.2からの変換をサポートします。

ユーザデータの対応状況(○:サポート対象、 R/O:読込みのみ)
プログラム
データ形式
備考 
名称
Ver. Ver.1 Ver.2 Ver.3 Ver.4  
データユティリティ 2.x
R/O


3.x

R/O

数値地図ビューア 4.x
   
 
5.x  
 
 
地図画像ビューア &
地図画像Mac DE ミール 
1.x
   
 
2.x  
 
 
3.x    

 
SimpleDEMViewer 3.x, 4.x



5.x, 6.x

R/O
ジオ地蔵 全て

R/O
基盤地図ビューアV4 4.x

R/O
基盤地図ビューア 2.x, 3.x



基盤地図25000ビューア  全て



GPSデータについて

 データユティリティV2はGarminのPCX5形式およびGPSy3形式TRKデータをユーザ経路データへ、WPTデータをユーザメモデータに変換します。変換結果はVer.2形式です。
 データユティリティV3は NMEA-0183 のデータをユーザ経路データに変換します。変換結果はVer.3形式です。


RemoteTRK

 GPSデータを読込んで数値地図ビューアV5、地図画像ビューアV2、地図画像Mac DE ミールV2に経路データを描画します。
 TRKデータを読み相手のプログラム(数値地図ビューア等)のウインドウ上で、アイコンを動かしながら描画します。
 GPSデータはGarminのPCX5形式およびGPSy3形式TRKデータのみです。
 地図画像ビューアV3、地図画像Mac DE ミールV3、SimpleDEMViewerはサポート対象外です。
 地図画像ビューアV2に同梱しています。


パノラマ画像印刷 ( PanoPrin )

 数値地図ビューアで作成した横長のパノラマ展望図を、1ページに折り畳んでレイアウトして印刷します。
 余白の調整、表題等の文字列の書込みもできます。
 右図は8000W x 300H の1枚のパノラマ展望図を、A4横に4分割してレイアウトした物です。
 ページサイズ、余白の設定に合わせて、分割数は自動的に決定されます。


パノラマビュー ( PanoView )

 数値地図ビューアで作成した360度のパノラマ展望図を読込み、自動で回転させて楽しめます。
 360度を複数に分割して作成したパノラマ画像を組み合わせて処理できます。
 QuickTime VR のパノラマムービーを作成できます。


地名データ変換

 国土地理院の「数値地図25000(地名・公共施設)」のデータを読込んで、数値地図ビューア用の「やまおたくデータ」に変換します。
 都道府県別、名称の種類ごとに取捨選択ができます。
 数値地図ビューアに同梱しています。


地名データ変換V3

 国土地理院の「数値地図25000(地名・公共施設)」のデータを読込んで、SimpleDEMViewerで表示できる「ユーザメモデータ(V3)」に変換します。
 都道府県別、注記の種類ごとに取捨選択ができます。詳細ページへ。


土地利用データ変換 ( LusConv )

 国土数値情報のウエッブサイトからダウンロードできる「1/10細分区画土地利用データ」を「数値地図ビューア」で読み込める形式に変換します。


Gtopo30Converter

 USGSなどからダウンロードできる gtopo30 標高データを国土地理院の1kmメッシュ標高データ形式に変換します。
 変換対象範囲は赤道以北、北緯66度以南、東経100度から180の間です。この外側はメッシュコードで表現できないので変換することができません。
  GTOPO30のデータ密度と1kmメッシュのデータ密度は異なるので、単純に隣り合うデータを加重平均して補間しています。そのため元データの精度は維持できていません。試用のためのテストデータとしてご利用ください。


LSMixer

 グレースケールイメージにて提供されている、ランドサットのバンド毎の データを合成して、1枚のRGBカラーイメージを作成します。作成した結果は数値地図ビューアおよびSimpleDEMViewerでテクスチャーマップとして使用できます。
 米国の Global Land Cover Facilityサイトにて提供されているデータはutm図法で提供されており、これを数値地図ビューア/SimpleDEMViewerで処理しやすいように座標変換する機能もあります。

 Ver. 3.1.1 ( 2010/07/06 )

  • GeoTiff画像で経緯度を検出できない場合があったのを修正しました。

 Ver. 3.1 ( 2008/07/18 )

  • プレビュー画像のドラッグによるスクロールをサポートしました。
  • プレビュー画像で1/8サイズをサポートしました。
  • 当プログラム標準の Global Land Cover Facility のデータの時は、ファイルを読込んだときに各色へ自動的に割り当てます。
  • マウスホイールによるプレビュー画像のスクロールが、よりスムーズになりました。
  • 英語環境をサポートしました。

基盤地図標高変換(DemConv)

 国土地理院の基盤地図情報のサイトからダウンロードできる5m/10mメッシュの標高データをSimpleDemViewerで処理できるBILフォーマットに変換します。
 Ver.4 では「数値地図(国土基本情報)」に含まれる、5m/10m/50mの標高データを変換できるようにしました。
 詳細は添付の「はじめにお読みください」を参照してください。

Ver. 4.0.0 での変更内容 ( 2017/10/16 )

  1. 「地図(国土基本情報)」に含まれる標高データの変換をサポートしました。XML形式だけでなく、Shape形式ファイルもサポートします。
  2. 5mメッシュを集成しない場合、ファイル名の3次メッシュコードの後にデータの由来コードを付加するようにしました。同じ3次メッシュで異なる由来のファイルが存在するためです。旧バージョンでは後から変換したものだけが有効になっていました。集成する場合は、後から読み込んだファイル中の-9999m以外のデータで上書きします。

  Ver.4 はmacOS 10.11 ( El Capitan ) 以降です。

Ver. 3.1.1での変更内容 ( 2016/06/07 )

  1.  Ver. 3.0.1以前の使用実績が無いと、3.1.0で変換処理ができなかったのを修正した。

 Ver. 3.1.0での変更内容 ( 2014/01/20 )

  1. 5mメッシュの場合、「海水面」および「内水面」のデータを一定の条件で-9999mに変換するオプションを設けた。

 Ver. 3.0.1での変更内容 ( 2014/01/02 )

  1. 変換結果をXMLファイルとは別のフォルダに作成する時、設定済のフォルダが存在しなくともそのまま実行し、ファイルを作成せずに終ってしまうのを、実行前に警告するようにした。
  2. 変換ファイル数が多い時、メモリを多量に使用して遅くなったのを修正した。

 Ver. 3.0での変更内容 ( 2013/12/11 )

  1. 変換結果をXMLファイルとは別のフォルダに作成する機能をサポートした。
  2. 5mメッシュのデータを、2次メッシュ単位にまとめる機能をサポートした。
    「DEM5m集成」の機能を統合しました。XMLファイルからの変換時に直接統合します。既存の5mメッシュのデータを統合したい場合は「DEM5m集成」を利用してください。
  3. 選択したフォルダの3階層下まで読込むようにした。
  4. マルチスレッド処理を導入し、変換速度を向上させた。
  5. 変換する時、「DEM構成点種別」は内容をチェックしないようにした。

 Ver. 3 はMac OS X 10.7以降です。

このページのトップへ戻る / ダウンロードページ


DEM5m集成(D5Conv)

 このプログラムは「基盤地図標高変換」でbil形式に変換した基盤地図情報の5mメッシュ標高データを2次メッシュ単位の大きなDEMファイルにまとめるものです。
 5mメッシュ標高データは3次メッシュ単位に提供されていて、非常に数が多くなり取扱も大変です。特に国交省の河川局から提供されたデータは領域が重なっているデータも多く、またデータの無い領域が不規則な形をしているので、重ねて表示する場合に不便です。国土地理院のデータも河川局のデータも一つの2次メッシュ単位のデータにまとめることで、使い勝手がよくなります。
 また、ファイル数が最大1/100になることで、SimpleDEMViewerでの読取り速度が格段に向上し、描画速度も改善されます。


基準点データ変換(TriConv)

 国土地理院の基盤地図情報サイトからダウンロードできる基準点データ「基盤地図情報(測量の基準点)」を、SimpleDEMViewer、ジオ地蔵、地図画像ビューアで処理できるユーザメモデータ(Ver.3形式)に変換します。
 電子基準点、三角点、水準点、その他のデータが含まれています。
 右図はSimpleDEMViewerでの内容表示例。

基準点データ変換V2

 平成26年7月31日以降に発行された新形式の基盤地図情報に含まれる基準点データを、ユーザメモデータ(Ver.3形式)に変換します。SimpleDEMViewer、ジオ地蔵、基盤地図ビューア、地図画像ビューアで利用できます。


ダイヤ富士 日月地蔵

 SimpleDEMViewerで作成した展望図を利用して太陽または月を描画します。特定の日時を指定するだけでなく、検索機能があります。詳細は添付ドキュメントを参照してください。

富士山の上にかかる三日月
 「ジオ地蔵」で同等の機能をサポートし、より使いやすくしてあります。
(注)システム環境設定で時刻表示を24時間制にする必要があります。

XYZ標高変換

 X座標、Y座標、標高値を1点1行に指定したテキストファイルを読込んでbil形式のDEMファイルに変換します。国土地理院が西之島新島の標高データをXYZファイルとして公開しましたが、それをSimpleDEMViewerで表示するために開発しました。もちろんそれ以外のデータも変換できます。
 Ver.2.2では、国土地理院の湖沼データをSimpleDEMViewerや、ジオ地蔵で扱えるように変換する機能を追加しました。詳しくは添付ドキュメントをお読みください。


行政界ビューア

 国土地理院の「数値地図25000(行政界・海岸線)」を閲覧するものです。
 さくせいした画像をファイルとして保存できます。
 処理対象データは平成18年発行の「地理情報標準対応」以降の物です。それ以前のデータは数値地図ビューアで処理できます。
 実験室にVer. 0.9を置いてあり、地図画像Mac DE ミールに Ver. 1.0 を同梱しています。


土地利用ビューア ( LU5000Viewer )

 国土地理院の「数値地図5000(土地利用)」を閲覧する物です。


ArcConv

 ArcInfoのexport形式のファイル(拡張子がe00)からライン情報を取り出し、 数値地図ビューアのユーザ経路データに変換します。変換結果はVer.2形式です。


品川地蔵のトップページへ戻る
Copyright 2008-20013, Yoshiaki Katayanagi