ホーム / ユティリティ

ユティリティ(地図関連)

  1. データユティリティ
  2. 地名データ変換V3
  3. LSMixer
  4. 基盤地図標高変換(DemConv)
  5. DEM5m集成 (D5Conv) 
  6. 基準点データ変換(TriConv)
  7. 日月地蔵 (SunMoon
  8. XYZ標高変換
    <以下は実験室バージョン>
  9. 行政界ビューア
  10. 土地利用ビューア
  11. ArcConv

データユティリティ

 数値地図ビューア、地図画像ビューア、地図画像Mac DE ミール、SimpleDEMViewer、基盤地図ビューア、基盤地図25000ビューアで使用するユーザメモ/経路/領域データに関するユティリティです。

  1. テキストデータとの間で相互変換する。
  2. 旧バージョンから新バージョンへ変換する。
  3. GPSデータをユーザ経路データへ変換する。

 Ver. 3.0.5 での修正事項 ( 2012/07/17 )

  1. 基盤地図ビューア、基盤地図25000ビューア、SimpleDEMViewer V4 で作成し保存したユーザデータファイルを認識できないのを対策した。

 Ver. 3.0.2 での修正事項

  1. 一つのファイルに含まれるデータ量が多いとき異常に時間が掛かるのを対策した。

 Ver. 3.0.1 での修正事項

  1. テキストファイルからユーザデータに変換するとき、アドレス形式が D.M.S の場合、正しく処理できなかったのを修正した。
  2. ドキュメントで D_M_S と表記していたのを D.M.S に修正した。

データユティリティ2はVer.2形式のデータを扱い、Ver.1からの変換をサポートします。
データユティリティ3はVer.3形式のデータを扱い、Ver.2からの変換をサポートします。

ユーザデータの対応状況(○:サポート対象、 R/O:読込みのみ)
プログラム
データ形式
備考 
名称
Ver. Ver.1 Ver.2 Ver.3 Ver.4  
データユティリティ 2.x
R/O


3.x

R/O

数値地図ビューア 4.x
   
 
5.x  
 
 
地図画像ビューア &
地図画像Mac DE ミール 
1.x
   
 
2.x  
 
 
3.x    

 
SimpleDEMViewer 3.x, 4.x



5.x, 6.x

R/O
ジオ地蔵 全て

R/O
基盤地図ビューアV4 4.x

R/O
基盤地図ビューア 2.x, 3.x



基盤地図25000ビューア  全て



GPSデータについて

 データユティリティV2はGarminのPCX5形式およびGPSy3形式TRKデータをユーザ経路データへ、WPTデータをユーザメモデータに変換します。変換結果はVer.2形式です。
 データユティリティV3は NMEA-0183 のデータをユーザ経路データに変換します。変換結果はVer.3形式です。


地名データ変換V3

 国土地理院の「数値地図25000(地名・公共施設)」のデータを読込んで、SimpleDEMViewerで表示できる「ユーザメモデータ(V3)」に変換します。
 都道府県別、注記の種類ごとに取捨選択ができます。詳細ページへ。


LSMixer

 グレースケールイメージにて提供されている、ランドサットのバンド毎の データを合成して、1枚のRGBカラーイメージを作成します。作成した結果は数値地図ビューアおよびSimpleDEMViewerでテクスチャーマップとして使用できます。
 米国の Global Land Cover Facilityサイトにて提供されているデータはutm図法で提供されており、これを数値地図ビューア/SimpleDEMViewerで処理しやすいように座標変換する機能もあります。

 Ver. 3.1.1 ( 2010/07/06 )

  • GeoTiff画像で経緯度を検出できない場合があったのを修正しました。

 Ver. 3.1 ( 2008/07/18 )

  • プレビュー画像のドラッグによるスクロールをサポートしました。
  • プレビュー画像で1/8サイズをサポートしました。
  • 当プログラム標準の Global Land Cover Facility のデータの時は、ファイルを読込んだときに各色へ自動的に割り当てます。
  • マウスホイールによるプレビュー画像のスクロールが、よりスムーズになりました。
  • 英語環境をサポートしました。

基盤地図標高変換(DemConv)

 国土地理院の基盤地図情報のサイトからダウンロードできる5m/10mメッシュの標高データをSimpleDemViewerで処理できるBILフォーマットに変換します。
 Ver.4 では「数値地図(国土基本情報)」に含まれる、5m/10m/50mの標高データを変換できるようにしました。
 詳細は添付の「はじめにお読みください」を参照してください。

Ver. 4.0.1 での変更内容 ( 2019/04/04 )

  1. 5mメッシュを別フォルダに集成する時、32ビット小数点付きを指定しても、”データ種別が「内水面」で0m未満の時 -9999m とする" をチェックしていないと、形式は32ビットだが変換された標高値はメートル単位に丸められるのを修正した。

Ver. 4.0.0 での変更内容 ( 2017/10/16 )

  1. 「数値地図(国土基本情報)」に含まれる標高データの変換をサポートしました。XML形式だけでなく、Shape形式ファイルもサポートします。
  2. 5mメッシュを集成しない場合、ファイル名の3次メッシュコードの後にデータの由来コードを付加するようにしました。同じ3次メッシュで異なる由来のファイルが存在するためです。旧バージョンでは後から変換したものだけが有効になっていました。集成する場合は、後から読み込んだファイル中の-9999m以外のデータで上書きします。

  Ver.4 はmacOS 10.11 ( El Capitan ) 以降です。

Ver. 3.1.1での変更内容 ( 2016/06/07 )

  1.  Ver. 3.0.1以前の使用実績が無いと、3.1.0で変換処理ができなかったのを修正した。

 Ver. 3.1.0での変更内容 ( 2014/01/20 )

  1. 5mメッシュの場合、「海水面」および「内水面」のデータを一定の条件で-9999mに変換するオプションを設けた。

 Ver. 3 はMac OS X 10.7以降です。

このページのトップへ戻る / ダウンロードページ


DEM5m集成(D5Conv)

 このプログラムは「基盤地図標高変換」でbil形式に変換した基盤地図情報の5mメッシュ標高データを2次メッシュ単位の大きなDEMファイルにまとめるものです。
 5mメッシュ標高データは3次メッシュ単位に提供されていて、非常に数が多くなり取扱も大変です。特に国交省の河川局から提供されたデータは領域が重なっているデータも多く、またデータの無い領域が不規則な形をしているので、重ねて表示する場合に不便です。国土地理院のデータも河川局のデータも一つの2次メッシュ単位のデータにまとめることで、使い勝手がよくなります。
 また、ファイル数が最大1/100になることで、SimpleDEMViewerやジオ地蔵での読取り速度が格段に向上し、描画速度も改善されます。
 基盤地図標高変換Ver.2で、変換したbilデータが有る場合に利用します。基盤地図標高変換Ver.3 以降では、変換時にまとめられます。


基準点データ変換(TriConv)

 国土地理院の基盤地図情報サイトからダウンロードできる基準点データ「基盤地図情報(測量の基準点)」を、SimpleDEMViewer、ジオ地蔵、地図画像ビューアで処理できるユーザメモデータ(Ver.3形式)に変換します。
 電子基準点、三角点、水準点、その他のデータが含まれています。
 右図はSimpleDEMViewerでの内容表示例。

基準点データ変換V2

 平成26年7月31日以降に発行された新形式の基盤地図情報に含まれる基準点データを、ユーザメモデータ(タイプ3形式)に変換します。SimpleDEMViewer、ジオ地蔵、基盤地図ビューア、地図画像ビューアで利用できます。

基準点データ変換V3

 タイプ4形式に変換します。ユーザメモデータの標高値に小数で設定します。


ダイヤ富士 日月地蔵

 SimpleDEMViewerで作成した展望図を利用して太陽または月を描画します。特定の日時を指定するだけでなく、検索機能があります。詳細は添付ドキュメントを参照してください。

富士山の上にかかる三日月
 「ジオ地蔵」で同等の機能をサポートし、より使いやすくしてあります。
(注)システム環境設定で時刻表示を24時間制にする必要があります。

XYZ標高変換

 X座標、Y座標、標高値を1点1行に指定したテキストファイルを読込んでbil形式のDEMファイルに変換します。国土地理院が西之島新島の標高データをXYZファイルとして公開しましたが、それをSimpleDEMViewerで表示するために開発しました。もちろんそれ以外のデータも変換できます。
 Ver.2.2では、国土地理院の湖沼データをSimpleDEMViewerや、ジオ地蔵で扱えるように変換する機能を追加しました。詳しくは添付ドキュメントをお読みください。


行政界ビューア

 国土地理院の「数値地図25000(行政界・海岸線)」を閲覧するものです。
 さくせいした画像をファイルとして保存できます。
 処理対象データは平成18年発行の「地理情報標準対応」以降の物です。それ以前のデータは数値地図ビューアで処理できます。
 実験室にVer. 0.9を置いてあり、地図画像Mac DE ミールに Ver. 1.0 を同梱しています。


土地利用ビューア ( LU5000Viewer )

 国土地理院の「数値地図5000(土地利用)」を閲覧する物です。


ArcConv

 ArcInfoのexport形式のファイル(拡張子がe00)からライン情報を取り出し、 数値地図ビューアのユーザ経路データに変換します。変換結果はVer.2形式です。


品川地蔵のトップページへ戻る
Copyright 2008-20013, Yoshiaki Katayanagi