ジオ地蔵

 このプログラムはデジタル標高データ(DEM)を可視化して閲覧する物で、陰影付き段彩図や鳥瞰図を描画します。その他にもステレオ画像、展望図、グレースケール画像、断面図、正射図法、円錐図法、メルカトール図法、正距方位図法、正積方位図法、UTM図法による画像を作成できます。また等高線、可視マップ、傾斜マップを地図上に描画します。メモ、経路、領域のデータを作成し、地図上に描画できます。
 データは国土地理院の数値地図や基盤地図情報の標高データを利用できます。また米国USGSのサイトなどから入手できる、世界中のいろいろな標高データを描画できます。

 SimpleDEMViewerをベースにして、日本人(日本語ユーザ)が日本のデータを使いやすいようにしたものです。日本固有のデータや機能をサポートし、標準設定も日本に合わせています。基本的にSimpleDEMViewer で動く機能はサポートします。ここではジ オ地蔵特有の機能のみ記述します。 SimpleDEMViewerのページを参照。ただし「ジオ地蔵 V4」相当の V7 は未公開です。

動作環境などジオ地蔵アイコン

 バージョン 4.0.0 ( 2021/2/26 )
 macOS 10.14 ( Mojave ) 以降

 バージョン 3.9.3 ( 2021/01/16 )
 macOS 10.11 ( El Capitan ) 以降

 バージョン 2.9.11 ( 2017/03/22 )
 OS X 10.8 ( Mountain Lion ) 以降

 マニュアルはプログラムに同梱。
 ダウンロードページ
 追加修正事項 V4
 追加修正事項 V3
 追加修正事項 V2

ジオ地蔵で追加/変更した機能

 SimpleDEMViewer に対して以下の項目を追加しています。

  1. デフォルトのカラー設定を日本の国土に合わせた。(段彩境界の標高値を変更した)
  2. デフォルトの基準緯度を37度に設定した。
  3. 経緯度設定に「1/2/3次メッシュ」を追加した。
    1/2/3次メッシュのどれで描画するかはスケールにより自動です。1次メッシュでも細かすぎるときは「自動」を選択した場合と同じになります。
  4. 経緯度線を「1/2/3次メッシュ」に設定しているとき、地図上にメッシュコードを表示する機能をサポートした。
  5. 索引図が日本付近で拡大されているとき、索引図に県境を描画するようにした。
  6. メインウインドウ上のポップアップメニューから、その場所のオンライン地形図(国土地理院の「地理院地図」)をブラウザ(safariなど)に表示する機能をサポートした。
  7. やまおたくデータをサポートした。
  8. カシミール用の山データ(NDB)をサポートした。
  9. 展望図でメモデータを間引く機能をサポートした。
  10. 展望図上で日月シミュレーションをサポートした。(日月地蔵相当)
  11. ArcInfo の ascii 形式 DEM (拡張子が asc)で、平面直角座標のデータをサポートした。ファイルを読込んだ時にゾーン番号を要求されるので、平面直角座標を選択し、1から19の座標系番号を入力する。
  12. 地図ウインドウで段彩図に重ねて国土地理院の地理院地図を描画する機能をサポートした。( V.2 )
    OS X 10.9 ( Mavericks ) 以降が必要。
  13. 国土地理院から発売されている「数値地図(国土基本情報20万)」をサポートした。 ( V.2.2 )
  14. 都府県界を標準機能でサポートした。( V.3.0 )

メッシュコードを表示

 経緯度線を「1/2/3次メッシュ」に設定しているとき、それに合わせて「1/2/3次メッシュコード」のいずれかを描画します。下図は1次メッシュ コードを表示したものです。

1次メッシュコード図

日月シミュレーション

 「日月地蔵」と同じ機能ですが、展望図をファイルに保存する手間がないので、場 所や設定を変えてのシミュレーションが簡単になります。展望図の「太陽の描画」とは独立の機能です。

太陽については連続太陽

月については

 新月の前後など太陽と月を両方描画することも可能です。日食を表現できますが、精度は検証していません。

地理院地図を描画

 地図ウインドウの段彩図の上に地理院地図を描画します。地図の種類は標準/淡色/写真から選択できます。縮尺に応じて適切なズームレベルを自動的に選 択します。上書きする時の透明度を指定できます。OS X 10.9 ( Mavericks ) が必要です。
 地図ウインドウに描画するだけです。鳥瞰図や展望図、図法画像などには描画できません。地図画像の保存でも描画できません。必要な場合はシステムのスク リーンショットを使用してください。

地理院地図サンプル

国土基本情報20万を描画

 国土地理院から発売されている「数値地図(国土基本情報20万)」を描画します。ベクトルデータなので以前の「JMCマップ」に近い使い方ができま す。描画項目の選択や、線や文字などの設定ができます。地図ウインドウと各図法画像でサポートします。

国土基本情報20万高崎前橋

やまおたくデータとカシミール用山データ

 いずれも読み込んだ後はユーザメモデータとして処理します。メモデータへの変換内容などマニュアルを参照してください。
 バージョン4では「やまおたく」データのサポートを廃止しました。

追加修正事項 V4

Ver. 4.0.0  2021/02/26

  1. ユニバーサルバイナリにした。
  2. macOS 10.14 Mojave 以降をサポート。
  3. macOS 11 Big Sur で変更になったUIに対応した。
  4. 情報パネルと索引図を地図ウインドウと一体化し、フルスクリーンでも使い易くした。地図領域だけにすることもできる。
  5. 地理院地図の表示レベルを1段階調整できるようにした。
  6. ユーザデータを地理院地図の上に表示するようにした。
  7. 索引図のDEM読込み済み領域の表示を、全体を包含する矩形領域から、DEMごとの矩形領域に変更した。
  8. 索引図上でダブルクリックして地図を位置付けできるようにした。
  9. 低地の等高線を海面下同様に個別に指定できるようにした。
  10. 等高線の設定に名前を付けて保存できるようにした。
  11. カラーセットファイルの書き出しフォーマットを変更したので、以前のバージョンでは読めなくなる。書き出しファイルの拡張子は .jzcolor に変更。またV3で作成した .jzcolr ファイルは読めるが、以前の .sdcolr ファイルはサポートしない。
  12. ステレオ画像で方向が東西南北でなく斜めのときの、画像サイズ指定を簡便にした。
  13. やまおたくデータはサポートを廃止した。

©Copyright 2014-2021, Yoshiaki Katayanagi