ホーム / ダウンロード

プログラムとデータのダウンロードページ

当サイトのプログラム、データは全てMac( Macintosh )用のバイナリ形式です。
ダウンロード後自動であるいはダブルクリックで解凍されないときは、StuffIt Expanderにドロップしてください。
フォーラム(地図とマックと)にコメントをお願いします。
地図関係以外のプログラム、およびテスト的なプログラムは「実験室」からダウンロードできます。
またこのページから消えた古いプログラムはこちらのページからダウンロードできます。

INDEX【プログラム】

【データ】


【プログラム】


SimpleDEMViewer 6.4.4 4.9 MB ( 2018/09/04 )

マニュアルは同梱していません。次のpdfをダウンロードしてください。プログラムのヘルプメニューからもダウンロードできます。
SDVrAManualJ.pdf 8.4 MB ( 2018/07/17 )
Mac OS X 10.11 以降です。解説はこちら

SimpleDEMViewer 5.8.10 3.3 MB ( 2017/03/22 ) 

マニュアルは同梱していません。次のpdfをダウンロードしてください。プログラムのヘルプメニューからもダウンロードできます。
マニュアル.pdf 4.3 MB ( 2016/02/03 )
Mac OS X 10.8 以降です。解説はこちら

ジオ地蔵 2.9.11  7.6 MB ( 2017/03/22 ) 

SimpleDEMViewerV5 に機能を追加したものです。pdf マニュアルも同梱しています。
Mac OS X 10.8 以降です。解説はこちら

ジオ地蔵 3.4.6  16.8 MB ( 2018/09/04 ) new flag

SimpleDEMViewerV6 に機能を追加したものです。pdf マニュアルも同梱しています。
Mac OS X 10.11 ( El Capitan ) 以降です。解説はこちら

基盤地図ビューアV4  4.2.0  2.7 MB ( 2016/05/06 ) 

平成26年7月以降公開の新形式基盤地図情報をサポートします。
OX S 10.8 (Mountain Lion)以降です。解説はこちら
5m/10mメッシュの標高データを利用して地形の陰影表現ができます。

基盤地図ビューア 3.5.1 2.1 MB ( 2013/08/14 ) 

Mac OS X 10.6以降です。解説はこちら
国土地理院の基盤地図情報サイトのデータを読込んで地図として表示します。対応しているデータは縮尺レベル2500のものです。
5m/10mメッシュの標高データを利用して地形の陰影表現ができます。

基盤地図25000ビューア 3.1.2  1.3 MB ( 2014/01/05 )  

Mac OS X 10.6以降です。解説はこちら
国土地理院の基盤地図情報サイトのデータを読込んで地図として表示します。対応しているデータは縮尺レベル25000のもので す。ユーザメモ/経路/領域データとして地図上に書込みができます。10mメッシュの標高データを利用して地形の陰影表現ができま す。

データユティリティ 3.0.5 236 kB ( 2012/07/17 )

 数値地図ビューア5.x、地図画像ビューア2.x および 地図画像Mac DE ミール2.xで作成した「ユーザ経路/領域/メモデータ」ファイルをSimplEDEMViewer3.x、地図画像ビューア3.xおよび地図画像Mac DE ミール3.x用のV3形式「ユーザ経路/領域/メモデータ」ファイルに変換する。
またV3形式「ユーザ経路/領域/メモデータ」ファイルとテキストデータとの間で相互に変換する。
NMEA-0183フォーマットのGPSデータを経路データに変換する機能をサポート。
 Mac OS X 10.4以降で、ppc、intel両対応のUniversal binaryです。

地名データ変換 3.0.1  112kB (2010/03/21)

国土地理院の「数値地図25000(地名・公共施設)」の注記データを「ユーザメモデータ(V3)」に変換します。平成13年版 (平成14年4月1日発行)のデータが対象です。SimpleDEMViewerで利用できます。解説はこ ちらへ。
Mac OS X 10.5以降です。

LSMixer 3.1.1  321 kB (2010/07/06)

MacOS X 10.4 以降です。ppc/intel両対応のユニバーサルバイナリです。
米国の Global Land Cover Facility のサイトから無料でダウンロードできるランドサット画像を数値地図ビューアで処理できる形に変換するプログラムです。


基盤地図標高変換 (DemConv) 4.0.0 79 kB ( 2017/10/16 ) 

基盤地図標高変換 (DemConv) 3.1.1 77 kB ( 2016/06/07 ) 

国土地理院の基盤地図情報サイトからダウンロードできる5m/10mメッシュの標高データをSimpleDEMViewer,基盤地図ビューアで処理できる形式に変換します。

DEM5m集成(D5Conv) 1.0 113kB ( 2013/8/12 ) 

基盤地図標高変換で変換した5mメッシュの標高データを2次メッシュ単位の大きなファイルにまとめます。
基準点データ変換 (TriConv 2.0) 244kB ( 2014/10/07 ) 
国土地理院の基盤地図情報サイトからダウンロードできる「基盤地図情報(測量の基準点)」データを SimpleDEMViewerや地図画像ビューア,基盤地図ビューアで処理できるユーザメモデータ(Ver.3形式)に変換し ます。
三角点や水準点のデータがあります。
V2 は平成26年7月31日以降に発行されている新形式の基盤地図情報用です。

日月地蔵 (SunMoon)1.1.1 496kB (2014/03/04) 

SimpleDEMViewerや数値地図ビューアV6preで作成した展望頭上に、指定した日時の太陽や月を描画します。たとえばパール富士などの日時を探索して描画することもできます。
(注)システム環境設定で時刻表示を24時間制にする必要があります。

XYZ標高変換 (XYZConv)2.2.0 666kB (2017/09/06)  

X座標、Y座標、標高値を1点1行に指定したテキストファイルを読込んでbil形式のDEMファイルに変換します。

【データ】

旧 東海道・旧中山道 200kB (2006/06/16)

 SimpleDEMViewer、基盤地図ビューア、ジオ地蔵、共用のユーザ経路データです。 旧東海道(日本 橋〜三条大橋)、旧中山道(日本橋〜草津)が入っています。
Ver.1 からVer.3までのデータ形式のデータを同梱しました。対応するデータを利用してください。アプリケーションごとの対応状況は下記を参照。Ver.1、2は数値地図ビューアなど旧プログラム用です。

ユー ザ経路データによる建造物V3 8kB (2010/07/05)

「明石海峡大橋」「横浜ランドマークタワー」「東京タワー」と「東京スカイツリー」のユーザ経路データで、Ver.3形式です。
SmpleDEMViewer V4 以降、あるいはジオ地蔵の展望図で使用してください。SmpleDE以降iewer V3や基盤地図ビューアでも読込めますが、立体表現ができないと意味がないです。

ユー ザメモデータ(日本の主な山) 44kB ( 2014/05/10 ) 

修正内容については添付「始めにお読みください」を参照。
Ver.3形式です。内容については国土地理院の「1003山」+αです。
  国土地理院による 2014年4月の改訂を反映しました。( 2014/05/10 )
SimpleDEMViewerでどうぞ。

ユー ザ経路データ(県境) 301kB ( 2008/03/22 )

Ver.3形式です。精度は数値地図ビューアの県境と同等です。
SimpleDEMViewerでどうぞ。

ユー ザ経路データ〔日本の主な河川〕 212kB (2009/03/04)

Ver.3形式です。 250mメッシュの標高データと一緒に使うことを想定したデータ量と精度です。
SimpleDEMViewer、ジオ地蔵でどうぞ。

ユーザ経路データ (世界の国境と河川) 26MB (2009/10/26)

Ver.3形式です。 SimpleDEMViewer、ジオ地蔵でどうぞ。
米国CIA の World Boundary Databank II に由来するデータで、国境は1980年頃の、ベルリンの壁崩壊以前の世界です。

ユーザ経路データ (世界の海岸線・湖岸線) 21MB (2009/12/22)

Ver.3形式です。 SimpleDEMViewer、ジオ地蔵でどうぞ。
米国CIAの World Boundary Databank II に由来するデータで、1980年頃のものです。

ユー ザメモデータ(東京から見える山) 12kB (2009/12/31)

Ver.3形式です。 SimpleDEMViewerでどうぞ。
やまおたくデータの「東京から見える山」より大幅に山名を増やしています。増やしすぎたかもしれません。

サンプルメモマーク 43 kB ( 2017/03 )

カスタムマークのサンプルです。フォルダーごとメモライブラリに置いて使います。SimpleDEMViewer、ジオ地蔵と基盤地図ビューアで使えます。

ユーザデータ対応状況
(○:サポート対象 (R):読込みのみ)
プログラム
データ形式
備考
名称
Ver. タイプ1 タイプ2 タイプ3 タイプ4  
数値地図ビューア 4.x
   
 
5.x  
 
 
地図画像ビューア &
地図画像Mac DE ミール
1.x
   
 
2.x  
 
 
3.x    

 
SimpleDEMViewer 3.x
4.x




5.x
6.x


(R)
SimpleDEMViewerAS 全て

(R)
ジオ地蔵 全て

(R)
基盤地図ビューアV4 4.x

(R) (注1)
基盤地図ビューア 2.x
3.x




基盤地図25000ビューア 1.x
2.x





旧形式のデータから新形式のデータへは「ユーザデータユティリティ」を利用して変換できます。
ただしVer.3からVer.4へは用意していません。
(注1) 4.0.0で保存したタイプ4の経路データは、SimpleDEMViewer/ジオ地蔵で読めません。4.0.1で保存し直しが必要です。

Copyright 1998-2018, Yoshiaki Katayanagi