ホーム / 実験室 / 地理院地図ビューア

地理院地図ビューア

 当プログラムは国土地理院のサイトで公開されている「地理院地図」をブラウズする単独のアプリケーションです。作者にとって「地理院地図」を処理するAPIを確認するための試作プログラムです。インターネット空間にあるデータを直接参照して処理するというのも初めての経験です。それでも多少とも使い手にメリットのあるプログラムだと思うので、ここに公開します。(2014/07)
 最初の公開から2年近く経ちました。「ジオ地蔵」でも地理院地図を見ることができますが、標高データの無い場所を見ることも多いので、それなら、とこちらを拡充することにしました。今回は「標準地図」だけでなく、淡色地図、英語地図、写真、白地図、色別標高図をサポートしました。種類によっては大縮尺をサポートしていませんが、何もメッセージを出しません。画面が真っ白になるだけです。その辺りをサポートしていないのでまだ「実験室」です。

特徴

  1. safariなどのウエッブブラウザで見る「地理院地図」はメルカトール図法になっており、緯度が違うと縮尺が違ってしまいます。当プログラムでは正距円筒図法を採用しており縮尺が保たれます。
    (注)緯度により東西方向の縮尺が変わりますが、「再描画」したときおよび縮尺を変更したときにウィンドウ中央の緯度に合わせて調整します。
  2. キャッシュファイルを最大10000MBまで保存でき、インターネットの接続が切れてもある程度ブラウズできます。標準は100MBで、20〜10000MBの間で指定できます。
  3. 1/1000から1/1000万の範囲で任意の縮尺を指定できます。
  4. マウスのスクロールホイールはちゃんとスクロールとして機能します。ウエッブブラウザでのように、拡大縮小することはありません ^_^)
  5. 基本的な地図および写真(航空写真、衛星画像)が参照できるだけで、地理院地図サイトで追加で乗せられる各種データは使えません。

動作環境

 Mac OS X 10.9 (Mavericks)以降が動作する環境

 ダウンロード JZGSIMap.zip 250 kB

2016/06/04
©Copyright 2014, 2016, Yoshiaki Katayanagi.