JAXA 世界の1秒メッシュDEMを無償公開

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 | 投稿日時 2015/5/19 15:57
品川地蔵  管理人   投稿数: 229
 昨日のプレスリリースです。
「だいち(ALOS)」で観測したデータを基に5mメッシュのデータを有償で公開していたが、今回1秒メッシュに編集して無償で公開する、というものです。昨日付けで日本と東アジア、東南アジアの一部が公開されています。ASTER GDEM 同様ユーザ登録が必要です。
 早速登録してダウンロードしてみました。データ形式はGeoTiffなので、ジオ地蔵やSimpleDEMViewerで問題なく読込めます。図はジオ地蔵で展望図を描きGDEMと比較したものです。どちらも1秒メッシュですが、違いは明らかですね。基データが5mメッシュDEM を作成するだけの精度があるからでしょうね。
 国土地理院のDEMと展望図で比べると、ほぼ50mメッシュと同じようなイメージです。国内だと基盤地図情報の10mが使えるので、今回のデータの存在価値は少ないかと思いますが、世界のデータが使えるので、エベレストやマッターホーンがどう描けるか楽しみです。
 ただし現時点では欠損部が有ります。いくつかの方向から観測したデータを基にしているので、峻険な山岳地でも問題なさそうですが、雲が湧くことが多い場所などでは観測データが不足するようです。そのうち整備されるでしょう。
 ジオ地蔵やSimpleDEMViewerで使うには一つ問題点が有ります。海と欠損部が共に0mとなっていることです。海や欠損部の情報は別ファイルのマスクとして存在するようです。自動的に処理できるかどうか(するかどうか)検討中です。

--
## 品川地蔵 ##

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/5/19 20:08
品川地蔵  管理人   投稿数: 229
 訂正。
 欠損部は-9999mとなっていますね。SimpleDEMViewerでは正しく処理できているのに、ジオ地蔵では0mと表示している。調べないと^_^;

--
## 品川地蔵 ##

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/5/23 13:31
品川地蔵  管理人   投稿数: 229
違いは設定の問題でした^_^; 環境設定でマウスポイントの標高表示をDEMの値をそのまま表示するか、補間計算値を表示するか指定できますが、海に対して前者は "N/A" 、後者は "0," と表示していたのを、今回 "N/A" に統一しました。
昨日公開したプログラムで正式にJAXA のデータに対応しました。対応したのは付属のマスクファイルを自動的に読込んで、海を正しく認識すると言うものです。DEMでは海が0mとなっていてそれだけでは海と認識できないからです。またフォルダー指定で読込めるように、_MSK.tifと_STK.tifファイルはDEMとして読込まないようにしました。
ファイルは一つのDEMに対して次の5つのファイルが存在します。(MEDIANとAVERAGEがあるのでこの2倍のファイルがダウンロードされますが)この内 DSM.tif がDEMファイルで、MSK.tifがマスクファイルです。それ以外は参照しないので削除してしまっても問題有りません。
N035E135_MED_DSM.tif
N035E135_MED_HDR.txt
N035E135_MED_MSK.tif
N035E135_MED_QAI.txt
N035E135_MED_STK.tif
マスクファイルを認識できればDEMの種類を "ALOS 1 sec" と表示しますが、マスクファイルが見つからなかった場合は、通常の GeoTiff DEMファイルとして処理します。

--
## 品川地蔵 ##

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/5/31 20:39 | 最終変更
品川地蔵  管理人   投稿数: 229
 このデータは地上の人工物を除去していないそうで、都市部は建物で凸凹になってしまいます。災害対策が主要な利用目的になっていますが、大都会はあまり問題にならないと言うことですかね。図は晴海埠頭の上空100mからです。

--
## 品川地蔵 ##

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2017/8/25 18:41 | 最終変更
iLvPzza  新米   投稿数: 2
2016年10月にダウンロードしたALOSデータ(第1版)は読み込めるのですが、2017年3月以降に公開されたデータ(第1.1版)を読み込めなくなってしまいました。

プログラムと地図データ以外で、何か不具合が起こる原因が知られてますでしょうか?

macOS Sierra環境で、SimpleDEMViewer 6.0.6を使用しています。

iLvPzza
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/8/25 20:33
品川地蔵  管理人   投稿数: 229
 お問い合わせ、ありがとうございます。1.1 版が出ているのに気が付いていませんでした。ダウンロードして読込んで見ましたが、(El Capitanでは)異常終了してしまいますね。仕様書を見ても特に問題になる仕様変更ではないと思うのですが、調べて見ます。
 なおSimpleDEMViewer5.8.10では読込めますが、海を正しく認識していませんね。

--
## 品川地蔵 ##

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017/8/26 10:54
品川地蔵  管理人   投稿数: 229
 判りました。マスクファイルのGeoTiffとしての内部構造が変わっており、SimpleDEMViewerのGeoTiffの処理に誤りがあるのが、今回の変更で顕在化したということでした。対策します、少々お待ちください。
 5.9.10も同じなのですが、たまたま異常終了はせずに、マスクファイルを正しく処理できないで通過したということだと思います。

--
## 品川地蔵 ##

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/8/27 16:42
品川地蔵  管理人   投稿数: 229
 対策版をSimpleDEMViewer6.0.7、ジオ地蔵3.1.3として公開しました。ご確認ください。
 ありがとうございました。

--
## 品川地蔵 ##

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/8/28 12:38
iLvPzza  新米   投稿数: 2
早速の対応、ありがとうございました。
ちゃんと読み込むことが出来ました。

iLvPzza
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project