JAXA 世界の1秒メッシュDEMを無償公開

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

品川地蔵

なし JAXA 世界の1秒メッシュDEMを無償公開

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 | 投稿日時 2015/5/19 15:57
品川地蔵  管理人   投稿数: 318
 昨日のプレスリリースです。
「だいち(ALOS)」で観測したデータを基に5mメッシュのデータを有償で公開していたが、今回1秒メッシュに編集して無償で公開する、というものです。昨日付けで日本と東アジア、東南アジアの一部が公開されています。ASTER GDEM 同様ユーザ登録が必要です。
 早速登録してダウンロードしてみました。データ形式はGeoTiffなので、ジオ地蔵やSimpleDEMViewerで問題なく読込めます。図はジオ地蔵で展望図を描きGDEMと比較したものです。どちらも1秒メッシュですが、違いは明らかですね。基データが5mメッシュDEM を作成するだけの精度があるからでしょうね。
 国土地理院のDEMと展望図で比べると、ほぼ50mメッシュと同じようなイメージです。国内だと基盤地図情報の10mが使えるので、今回のデータの存在価値は少ないかと思いますが、世界のデータが使えるので、エベレストやマッターホーンがどう描けるか楽しみです。
 ただし現時点では欠損部が有ります。いくつかの方向から観測したデータを基にしているので、峻険な山岳地でも問題なさそうですが、雲が湧くことが多い場所などでは観測データが不足するようです。そのうち整備されるでしょう。
 ジオ地蔵やSimpleDEMViewerで使うには一つ問題点が有ります。海と欠損部が共に0mとなっていることです。海や欠損部の情報は別ファイルのマスクとして存在するようです。自動的に処理できるかどうか(するかどうか)検討中です。

--
## 品川地蔵 ##

  条件検索へ



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project